カップル&ゲストに評判の結婚式場Navi【名古屋】

ゲストも満足する名古屋の結婚式場を紹介

ゲストも満足する名古屋の結婚式場ガイド » 最近はどうなの?名古屋流の結婚式事情 » 結婚式が派手って本当?

結婚式が派手って本当?

名古屋の結婚式は派手と言いますが、現代においてはどうなのでしょうか?名古屋の結婚事情について調べてみました。

なぜ名古屋の結婚式は派手なのか

名古屋以外に住んでいる人にとっては、いまだに派手なイメージのある名古屋の結婚式。では、その派手なイメージはなぜついたのでしょうか。また、今どきカップルの結婚式事情についても調べてみました。

徳川家への嫁入りが派手の始まり?

「名古屋の結婚式は派手」と言われていますが、実際は式ではなく結納時なんだとか。豪華な嫁入り道具を持って嫁ぐ習慣があり、それがいつのまにか「結婚式が派手」という風に知れ渡ってしまったのだそうです。

嫁入り道具が豪華になった背景には、徳川家が関係しています。徳川の元へ嫁ぐことになった娘が肩身の狭い思いをしてはいけないという親心から、結納品に豪華なものを持たせたのが始まりと言われており、それ以来女性が嫁ぐ際には豪華な嫁入り道具を持たせるのが習慣になりました。

今どきカップルの結婚式事情

派手な嫁入りがされていたのは、1980年代あたりまでのようです。現代は派手な嫁入り道具を持って嫁ぐ人は減少。結納自体を行なわないカップルや、顔合わせの食事程度で済ませる家も少なくありません。景気の冷え込みや近所づきあいの減少が要因の1つではないかと言われています。

今どきカップルの結婚式は、新郎新婦の理想を元にプランが建てられています。「リゾート感のあるもの」「親しい人たちとアットホームに」「披露宴はナシ」「沢山のゲストを呼んで盛大に」など、それぞれのカップルごとに理想とする式は違ってきており、昔に比べるとプランが細分化されています。

式場側もそうしたニーズに応えるため、さまざまなプランを用意しており、一口に「結婚式とは○○だ」とは言えないのが今どきカップルの結婚式事情です。

新郎新婦できちんと話し合うことが大事

結婚式のプランが細分化され、選択肢が多い現代だからこそ、新郎新婦の間の話し合いがとても大事になってきます。必要なポイントを絞り、妥協できるところは妥協する。そうした意思確認ができていないと、妥協だと思っていたことが我慢しなければいけないことになり、後々しこりを生んでしまうことも。

しっかり話し合って、幸せな式を挙げられるようにしてくださいね。

このページの先頭へ
このページの先頭へ