カップル&ゲストに評判の結婚式場Navi【名古屋】

ゲストも満足する名古屋の結婚式場を紹介

ゲストも満足する名古屋の結婚式場ガイド » 最近はどうなの?名古屋流の結婚式事情 » 豪華な結納が必要って本当?

豪華な結納が必要って本当?

このページでは、名古屋の結納事情について調べました。結婚にかける費用、トラック嫁入り、結納事情など調査しています。

豪華な結納をすることもある?名古屋の事情

「豪華な結納が必要」というイメージがまだまだ強い名古屋。名古屋人は見栄っ張りとも言われていますが、実際はどうなのか調べてみました。

名古屋の結納事情について

名古屋の結婚式にかける費用相場

結納時には名古屋の風習に加え、各家の風習も踏襲されるため、結納時のやり取りは家ごとに違うのだとか。しかし、結納金の相場は50万、70万、100万ときりの良い数字になるようにするのが通例のようです。

名古屋のカップルが結婚式に費やすお金は、220万円から400万円の間。一番多い価格帯は225万円から325万円と言われています。披露宴会場の飾りつけや引き出物、ドレスなどにお金をかけているようで、豪華な結婚式をしているカップルもいるようです。

ガラス張りのトラックで嫁入り?

結納品を積み込んだガラス張りのトラックで嫁ぎ先へ…という光景が見られたのも今は昔。現代もトラックで結納品を運ぶことはあるようですが紅白幕をつけたおめでたいトラックの目撃情報が多いそうです。豪華な嫁入り道具を持って嫁ぐ習慣はまだ健在のよう。その反面、そもそもトラックを使って結納品を運ぼうとは考えない人も多くなっています。結納の規模が人によって違うということでしょう。

結納品は嫁ぎ先へ運ばれる前に、親戚一同が中身をチェック。良い品だと褒められ、ちょっとイマイチだと思われてしまうと親戚からあれこれ言われてしまうこともあるようです。こうした風習が「名古屋人は見栄っ張り」と言われる要因かもしれませんね。

結納ナシも増えている

時代による価値観の変化や、名古屋以外の地域から嫁いでくる人なども多くなっているため、昔ながらの習慣や風習が薄れてきているのは事実。今どきカップルの結納はそもそも行なわない・両家の顔合わせの食事会だけにする…という人も多くなってきているそうで、カップルや両家の考え方によりけり。しかしながら、昔ながらの風習が残る地域もあるので、しっかりとした結納が行われることもあります。

名古屋カップルの結納は、必ずしも豪華である必要はありませんが、新郎新婦や両家が納得の上であれば昔ながらの豪華な結納も行なうことがある、ということですね。

このページの先頭へ
このページの先頭へ