カップル&ゲストに評判の結婚式場Navi【名古屋】

ゲストも満足する名古屋の結婚式場を紹介

ゲストも満足する名古屋の結婚式場ガイド » 最近はどうなの?名古屋流の結婚式事情 » 名古屋独特の風習とは

名古屋独特の風習とは

「結婚式が派手」というイメージが定着している名古屋。独自のしきたりや風習が多くありますが、それらは今でも行われているのでしょうか。

他県から来て挙式をする方にとって、「名古屋のしきたり」は、とても気になるもの。両親や親族、会社関係が一同に集まる機会だからこそ、しきたりや風習を間違ってはいけないとプレッシャーに感じる方もいるでしょう。ここでは名古屋独自のしきたりや風習についてまとめてみました。

名古屋で結婚式!しきたりや風習あれこれ

呉服細工

東海地方の結納品として知られる呉服細工は、反物で宝船や鯛を模して作るもの。結納の儀式で贈る縁起物として揃えられており、家ごとによって異なります。関東の結納品よりも豪華になっているのが特徴です。

ただし現在は結納を行わないカップルも増えているため、若い世代ではあまりメジャーではないようです。

嫁入りトラック

紅白の幕がかかったトラックに嫁入り道具を載せて運ぶ風習です。一昔前は松竹や鶴亀などの縁起の良いデザインのトラックが多く見られたようですが、最近ではトラックを希望しない方が増えたためかあまり見られないとのこと。

嫁入り道具は前もって送っておくか、簡素なものになっているので、トラックで運ぶほどの嫁入り道具を用意しなければならないというわけでもなさそうです。

菓子まき

名古屋の伝統的な風習として続けられている菓子まき。昔からある風習で、嫁入りする際に新婦の家から親族たちがお菓子をまくイベントです。最近では、お寺での結婚式や披露宴会場での余興で行われることが多くなっているそう。

昔はあめ玉やもちが主流だったようですが、近年では当たっても痛くない駄菓子のパックや小分け包装のお菓子を投げるようになっています。嫁入り菓子の注文を受け付けている菓子問屋もあり、数が減ってはいるもののまだまだ健在のようです。

名披露目(なびろめ)

東海地方特有の引き出物のことで、地方によって慣習が違うので注意が必要。名古屋では新郎新婦の名前を書いた熨斗を付ける引き出物で、中身は1,000~1,500円台のものがほとんど。内訳としてはタオルが多く、人によってはカトラリーやアロマグッズといったセンスが感じられるものを選ぶ方もいるようです。

元々は結婚後に花嫁の名前を入れた風呂敷に品物を包み、近所に紹介する際に配っていたもの。時代が進むとともに簡略化され、今の形式になりました。

このページの先頭へ
このページの先頭へ