カップル&ゲストに評判の結婚式場Navi【名古屋】

ゲストも満足する名古屋の結婚式場を紹介

ゲストも満足する名古屋の結婚式場ガイド » 結婚式場の選び方 ココがポイント » 予算に目星をつけておく

予算に目星をつけておく

ここでは、結婚式場を選ぶときのネックとなる「予算」について解説します。

名古屋で人気の結婚式スタイルと費用相場

「名古屋は結婚式にお金をかける」というイメージがありますが、一体みんなはどれ位の費用をかけているのかが気になるところ。

名古屋での挙式・披露宴・パーティーにかかる費用相場は、平均361.7万円(62名)です。

全国平均が359.7万円(71.6名)、都圏平均が385.5万円(68.6名)とのデータが出ているので、それほど高くもなく平均的なお値段となっています。最近では自分達らしい結婚式で無理をしないというスタイルを選ぶ方が多いようですね。

結婚式といえば、純白のドレスを着られる教会式がスタンダードになっていましたが、最近では白無垢姿へ憧れる花嫁さんが増え、神前式を選ぶ方もぐんと多くなっています。

と同時に、参加ゲスト全員に証人となってもらう人前式も人気が急上昇。自由なプログラムに、自分たちの言葉で結婚の誓いをたてるのが最大の見所となっています。

どの結婚式スタイルでも、基本の料金はそこまで大差があるわけではなく、選ぶ式場やさまざまなオプション・演出などの選択次第で費用が変わってくるようです。

式場タイプ別の費用相場

専門式場

平均306万円

結婚式に特化した会場で、専任プランナーやスタッフが駐在しており、打ち合わせから挙式当日までスムーズに進めることができます。一般的にはホテルウェディングよりも少し安めです。

ホテル

平均330万円

充実した設備と一流のサービスが受けられるホテルウェディング。遠方から来たゲストが宿泊できるのもメリットです。ホテルによって金額の差はありますが、全体的に費用はやや高くなります。

レストラン

平均260万円

レストランウェディングでは引き出物や衣装などは各自で持ち寄るうえ、持ち込み代もかからないため、費用をグッと抑えることができます。

ゲストハウス

平均370万円

貸し切りならではの自由な演出ができるゲストハウスウェディング。貸し切りは1日1~2組しか挙式できないので、少し割高となっています。

コスパの高い結婚式にするには、まず予算と希望を二人で話し合って

結婚式場を探し始める前に、まずやっておくべきことがあります。それは「いくら位までの予算を考えているか」と「どんな結婚式を行いたいか」ということ。

名古屋には数多くの結婚式場がありますから、曖昧なイメージのままに式場全てをチェックしていては、キリがありません。

まず、予算と希望、この2点だけはハッキリとしておかないと、ただでさえ忙しい結婚式までのスケジュールが効率悪くなってしまいますし、新郎新婦の足並みも揃わず、探し出してから意見の食い違いが起きてしまうことも。

まずは、予算と希望を二人でじっくりと話し合う時間をもうけましょう。

予算について

やりたい演出や料理のグレードなど、全てを希望のままに選んでしまうと、驚くほど費用が高くなってしまうものです。だからこそ、ここからここまでという予算のラインを明確にしておくことが、何よりも大事になります。

式場の相談会にいっても予算が決まっていないと、ついつい高額のプランなどを選んでしまいがち。「ペーパーアイテムは手作りして予算をおさえても良い」「衣装は高くても良い」「料理は高くても良い」など、自分達なりのボーダーラインを考えておきましょう。

考えがまとまっていると、フェアでの相談会でもスムーズな話し合えるうえ、より具体的かつリアリティあるプランを提案してもらえます。

ふたりの希望について

花嫁が主役とも言っていい結婚式ですが、それでも花婿の希望もあり、お互いの両親の希望もあります。全てを考慮すると一向にまとまらなくなりますから、「これだけは譲れない」という点を書き出して、まずそこから整理していくのが良いでしょう。

例えば「ステンドグラスのあるチャペルで挙式をしたい、キレイな写真を残したい」という希望があるなら、そのようなチャペルがある結婚式場を。「招く親族に高齢の方が多いから、とにかく駅から近くで利便性を重視」なら、アクセスの良い結婚式場を選びます。

“妥協したくない点”を決めておくと、結婚式後の後悔が少なくなります。他のことはあきらめても「ここだけは!」という点を、二人で話し合ってみてくださいね。

このページの先頭へ
このページの先頭へ